携帯ブラックリストに登録されるとどうなる?解除はいつ?契約できるスマホは?

スマホは今や私たちの日常生活に欠かせないアイテムですが、何かのきっかけで契約が困難になる場合があります。

「ブラックリストに登録されていて契約できない!」
「ブラックリストに登録されているかも知れない…」
「ブラックリストに登録されるとどうなるの?」

これらの不安を抱えている人に、携帯ブラックリストについての情報をお送りします。

ブラックリストの仕組みや種類、登録された場合の影響、さらにはブラックでも契約が可能な場合について詳しく解説します。

誰でもスマホクレジットカードがなくてもコンビニ支払いでOK。

クレカなしでスマホを持ちたい方に

このページの目次

スマホの契約に関わるブラックリストの種類と特徴

携帯ブラックリストに登録されると、新たなスマホの契約やサービスの変更が難しくなります。

スマホの契約に関わるブラックリストには次の種類があり、それぞれに性質が異なります。

それぞれがどのようにスマホの契約に影響を与えるのか、具体的に説明します。

大手キャリア共有ブラックリスト

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアは、現在未納の料金に関する情報を共有しています。そのため、ドコモで未納料金がある場合には、auやソフトバンクでの新規契約が断られる場合があります。

未納料金があるときは、まずその料金を支払い、その後で新たな契約の申し込みを行うことが必要です。

この未納情報の共有は大手3キャリアに限られており、他のキャリアなら契約が可能な場合もあります。

信用情報ブラックリスト

携帯やスマホ料金の滞納だけではなく、銀行や消費者金融からの借り入れに関する延滞もCICなどの信用情報機関に登録されます

CICとは、株式会社シー・アイ・シー(Credit Information Center)の略称で、日本の信用情報機関の一つです。個人の信用情報を管理し、金融機関やクレジットカード会社などに提供しています。

分割購入する場合は信用情報がチェックされるため、契約が可能であっても分割購入ができないことがあります。

社内ブラックリスト

携帯会社は、料金滞納や強制解約、不正契約などの情報を「社内ブラック」として管理しています。

例えば、ドコモで料金未払いにより強制解約された場合、その情報はドコモに保管され、次回契約時に不利な影響を及ぼしたり、契約が断られる可能性があります。

社内ブラックになる主な事由

  • 料金未納による強制解約
  • 短期解約を繰り返す
  • 虚偽申告や書類偽造による不正契約

強制解約や短期解約によるブラックリストの場合は、預託金を支払ったり、割引を受けられない条件下での契約が可能なこともあります。

しかし、偽造書類の使用や虚偽申告による不正契約を行った場合は、企業の判断に基づいて契約が断られる可能性があります。

誰でもスマホ他社で契約できない場合でも、申込み可能です。

最短即日お届け

ブラックリストの原因と影響

携帯ブラックリストに登録される主な原因は、スマホ料金の未払いや滞納です。

料金の未払いや滞納が続くと、携帯会社は利用者を信頼できないと判断し、ブラックリストに名前を載せることがあります。

これにより、将来的に新しい携帯契約を結ぶ際や、スマホの購入に際して支払いプランを選ぶ際に問題が生じることがあります。

未払いや滞納がもたらす影響

スマホ料金の未払いや滞納が長期にわたると、その情報は上記のような各情報に記録され、他の金融取引にも影響を与える可能性があります。

たとえば、クレジットカードの申請やローンの審査において、信用情報がチェックされ、ブラックリストに名前があると否決されることがあります。

短期解約とブラックリストの関係

短期解約、すなわち契約後すぐにサービスを解約する行為も、ブラックリストの原因となることがあります。

短期解約は、携帯会社にとって不利益をもたらす行為であり、頻繁に行うと信用を失う可能性があります。

短期解約が多いと、将来的に新しい携帯契約を結ぶ際に不利になることがあります。

誰でもスマホ審査なしで契約可能で、ブラックリストに関わらず、簡単にスマホを持つことができます。安心のコンビニ支払いも可能で、初期費用はわずか1円(税込2円)から。

誰でも手軽にスマホを持てる

自分がブラックかどうか知る方法

自分が携帯ブラックリストに登録されているかどうかを知る方法には主に以下の方法があります。

意外とすぐにわかります。

それぞれどのブラックリストに登録されているかで方法が異なります。

携帯会社に直接問い合わせる

ブラックリストに登録されているかどうかを知る最も直接的な方法は、滞納した携帯会社に直接連絡して問い合わせることです。

社内でブラックかどうかに限らず、「信用情報でもブラックになっている可能性がある」等、柔軟に教えてくれます。

これはそのときの担当者によるかも知れません。少なくとも、私が問い合わせをした際には、信用でもブラックなことをそれとなく教えてもらえました。

大手キャリアに新規契約を申し込んでみる

大手キャリアに新しい携帯電話の契約を申し込んでみると、審査過程でブラックリストに登録されているかどうかが判明することがあります。

ただし、これはあくまで間接的な方法であり、必ずしも正確な情報を得られるとは限りません。

信用情報機関のレポートを確認する

携帯料金の滞納が信用情報機関に報告されている場合は、自分の信用情報レポートを取得して確認することができます。日本ではCICでは、以下の方法があります。

  • 郵送での情報開示
  • インターネットでの情報開示

情報開示とは、お客様ご本人のお申込みにより、CICに加盟している会員会社(クレジット会社等)との契約内容や支払い状況等の信用情報を確認できる制度です。

出典:情報開示とは|指定信用情報機関のCIC

代理店や店舗で相談する

携帯電話の代理店や直営店で相談することでも、ブラックリストの状況に関する情報を得ることができる場合があります。

これらの方法は、個々の状況や携帯会社の方針によって異なるため、一概に正確な情報が得られるとは限らないことに注意が必要です。また、プライバシー保護の観点から、携帯会社が詳細な情報を提供しないこともあります。

誰でもスマホ審査無しでスマホの契約が可能です。

審査の心配なし

携帯ブラックリストに登録されるとどうなる?

携帯ブラックリストに登録されると、以下のような影響が生じる可能性があります。

新規契約の困難

ブラックリストに登録された場合、その携帯会社(キャリア)や他のキャリアで新しい携帯電話やスマホの契約をすることが難しくなります。

既存契約の変更制限

既に持っている契約のプラン変更やサービスの追加などが制限されることがあります。

信用情報の影響

携帯料金の滞納は信用情報機関に報告されることがあり、他の金融関連の契約にも影響を及ぼす可能性があります(例:クレジットカード、ローンなど)

契約再開の困難

一度ブラックリストに登録されると、その情報が長期間保持されることが多く、解除されるまでに時間がかかる場合があります。

ブラックリストの影響は、個々の事情や携帯会社のポリシーによって異なります。

ブラックかもしれない…そんな方へ

携帯ブラックリストからの脱却方法

携帯ブラックリストに登録されてしまった場合、どのようにしてその状況を改善できるかを心配します。

ブラックリストから脱却するための具体的なステップとアクションについて説明します。

問題解決のステップ

携帯ブラックリストからの解除は、その原因となった問題が解決された後に行われます。

そのため、自分が携帯ブラックリストに載っている理由を把握することは、状況を改善するための重要なステップです。

ブラックリストに載る考えられる理由は以下の通りです。

  • 未払いの請求書
  • 携帯電話の契約条件に反する行為
  • 継続的な支払いの遅延
  • 過剰な借入れや返済不能状態
  • 信用情報機関に登録されたネガティブな記録

これらの問題を特定し、解決することがブラックリストからの脱却への第一歩です。

未払いの請求書を清算し、必要であれば信用情報機関に状況を説明することが重要です。

信用回復のためのアクション

信用を回復するには時間がかかります

具体的な方法は以下の通りです。

  • 支払期日を守り定期的に支払う
  • 新たな返済実績を通じて信用を積み上げる
  • 小さなローンを利用して返済能力を証明
  • 自分の信用状況を知り改善を確認する
  • 長期的な財務計画を立てて安定した支払いを目指す

これらのステップを踏むことで、信用を徐々に回復し、将来においてより良い条件を得ることが可能になります。

しかし、信用情報ブラックリストに関しては、その記録が最大5年間保持されることもあり、より長期間の影響が考えられます。

有効な対策とアドバイス

最後に、携帯ブラックリスト状態でも利用可能なサービスを探すことも一つの方法です。

例えば、誰でもスマホは審査が不要なため、携帯ブラックリストに載っていても契約が可能です。

携帯ブラックリストでもスマホは契約できる?

携帯ブラックリストに登録されても、条件次第でスマートフォンの契約が可能な場合があります。

ブラックの事由が解決していれば基本的には可能

スマホの通信契約は、ブラックリストに登録された問題が解決されているのであれば、基本的には可能です。

たとえ過去に料金未納や強制解約の問題があったとしても、それらの料金がすでに支払われている場合、多くのケースで契約を結ぶことができます。

しかし、過去に支払いトラブルがあった場合は、新たな契約時に預託金(保証金)を先に支払うことを求められることがあります。

分割購入はCICの信用情報が影響する

CICの信用情報に問題がある場合、スマホの分割購入が難しくなります。

特に、現在未納があるか、直近3ヶ月以内に未納があった場合、分割購入の審査に通りにくくなります。

分割購入の審査で落ちやすいケース

  • クレジットカードや他社からのローンに未納がある場合
  • 直近3〜6ヶ月の間に支払い遅れがあった場合
  • 消費者金融やクレジットカードでの借入額が大きい場合
  • 毎月の支払い方法が請求書払いや口座振替である場合

しかし、信用情報に問題があっても、分割購入が可能な場合もあり、実際の審査結果は申込みしてみないとわかりません。

審査に落ちた場合も特にデメリットはないものの、一度落ちると3〜6ヶ月程度の期間を空ける必要があるため、繰り返し申込むのは避けた方がよいです。

格安SIMでもクレジットカードが必要な場合が多い

ブラックでスマホを持ちたい場合、格安SIMを検討することがあると思います。大手キャリアのブラックリストに登録されている方にとっては格安SIMが良い選択肢となり得ます。

ただし、クレジットカードを持っていない場合、契約可能な格安SIM事業者は限られている点に注意が必要です。

誰でもスマホならブラックOK!クレジットカード無しでも契約できる

誰でもスマホには次のような特長があります。

  • ブラックリストに登録されていても審査無しで契約できる
  • コンビニ払いができる
  • 月額料金にかけ放題が込み
  • ドコモ回線でつながりやすい
  • 格安スマホだけどリアル店舗がある

審査がないため、ブラックリストに登録されていても問題なく契約可能です。さらに、クレジットカードがなくてもコンビニでの支払いができるため、誰でも手軽にスマホを持つことができます。

「写メをメールで送っただけで契約出来た」「届くまでとても早くて助かります」「ネットもサクサク」と評判も上々です。

関連記事:誰でもスマホの評判は?怪しい?ブラックでも審査なしで契約できる秘密とは?

誰でもスマホの料金プラン

基本の月額料金は3,278円〜(データ1GBの場合)で国内通話は完全かけ放題と、大手キャリアと比較するとかなりリーズナブルな設定です。

月額料金 3,278円(税込)〜
国内通話料 完全かけ放題
通話オプション キャッチホン(330円)
留守番電話(440円)
迷惑電話対策(無料)
転送(無料)
データ量追加 1GBあたり550円

誰でもスマホの初期費用

誰でもスマホを契約する際、事務手数料がかかります。

初めての契約なら初期費用は2円(!)2回目以降は3,300円です。

この事務手数料は、申し込み後にコンビニで別途支払う必要があります。最初の料金と一緒に払うことはできないので、この点は注意が必要です。

誰でもスマホのオンライン申込みはたった5分で完了

最短翌日から利用開始可能です

まとめ:携帯ブラックリストに登録されるとどうなる?解除はいつ?

携帯ブラックリストに登録されると、新しい携帯電話の契約やサービスの変更が難しくなります。ここまで、ご説明した内容をまとめます。

スマホの契約に関するブラックリストには、次の3種類がありそれぞれが契約に異なる影響を及ぼします。

  • 大手キャリア共有ブラックリスト
  • 信用情報ブラックリスト
  • 社内ブラックリスト

登録されると、新しい契約が拒否されたり、既存契約の更新ができなくなったりする可能性があります。

しかし、ブラックリストの原因が解消されれば、解除されることもあります。

「ブラックリストに登録されているかも知れない」「ブラックで大手キャリアと契約できない」そんな方には、誰でもスマホがおすすめです。

審査がなく、コンビニでの支払いが可能なため、誰でもスマホなら誰でも手軽にスマホを持つことができます。

独自の基準でほぼ誰でも契約できる

誰でもスマホは審査なしで契約できる格安スマホです

誰でもスマホは、審査なしで契約できる格安スマホです。お申込みはかんたん5分で完結し、最短翌日から利用も可能!

誰でもスマホが安心できる5つの理由

  • 日本中のコンビニで毎月のお支払いができる
  • ドコモの通信エリアで利用可能
  • かけ放題だからたくさん使っても定額
  • 契約期間の縛り無し
  • 審査がないから携帯ブラックでもOK

誰でもスマホのここがすごい!

携帯電話のブラックかもしれない…そんな方でも安心のコンビニ決済OK。クレカや銀行口座がなくても利用できる誰でもスマホには、他にも「スゴい」ところがあります。

独自の基準でほぼ誰でも契約できる

誰もが当たり前にスマホを持てるようにという願いから、大手キャリアが行うような厳しい審査がありません

最短即日で届き受取り後すぐに利用可能

最短即日に届く誰でもスマホは、初期設定が完了した状態で届きます。スマホの操作に不慣れな方、お急ぎの方でもすぐに利用できます。

様々な身分証に対応し契約期間の縛りなし

保険証、住民票、生活保護受給証、等々の身分証一点でも契約可能で、契約期間の縛りもありません。

スマホ到着までの流れ

  • 下のボタンを押下
  • 申込フォームに情報を入力
  • 30分~1時間後に誰でもスマホからメールが届く
  • 申込フォームにて選択したコンビニへ行きメールに届いた決済番号で決済
  • 本人確認書類に記載のご住所宛に商品発送
  • ご自宅に商品到着

商品は関東地方から最短即日に発送されます。

お申込みはこちらから